« 幸せの仕組み | Main | 理系から文系へ »

西成恭介というヒト

男が子供を生むことがある。
男の自分が40年程前に生み、名付けた名前が西成恭介。私のペンネームだ。

当時、化学専攻の大学生であった自分には、洋服屋さん小説作家になりたい夢があった。自分で勝手に西成恭介と命名し小説を書き始めたが、化学の勉強が忙しくなり中断してしまった。

高校二年生の初めの頃は化学が大の苦手で、アルミニウムの元素記号「Al」は「A」という元素と「l」という元素から出来ていると思っていた程の不勉強で、成績はクラスの最下位を占めていた。これではいかんと一念発起し、夏休み中に化学の教科書を徹底的に見直した。これは効果があった。三年生のときは、化学については学年のトップクラスにいた。化学が得意という理由だけで、大学は何となく化学科を選択した。物事の本質を突き詰めるのが好きな自分にとって化学の勉強は楽しかった。化学を使って新しい商品を創る仕事をしたいと思い化学会社に就職し、あっという間に30数年が経ってしまった。

何故、55歳で退職し二毛作目の人生を始めたかは「人生は二毛作」に書いた。これからする仕事は、若い頃になりたかった職業を選びたかった。文筆業を選んだ。仕事が文筆業とは言っても、まだ作品はなく40年程前に命名した西成恭介というペンネームがあるだけ。1年に1本書けば、平均寿命まで生きるとすると、今から20本は書けることになる。いつ死ぬかは判らないが、1年1本を目標に夢の実現を目指していくことに決めた。

西成恭介というヒトを育てる人生が始まった。

|

« 幸せの仕組み | Main | 理系から文系へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 西成恭介というヒト:

« 幸せの仕組み | Main | 理系から文系へ »